読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇心は猫をもニャ!ンとやら

好奇心を追求していくブログ

占い的にここ3年間は最悪らしいけど、愚直に行動するニャン

こんばんは。

紫月(しずく)です。

  

この前本屋でゲッターズ飯田さんという方の占いの本を立ち読みしてきました。

その本によると、 

紫月は2016~2018年にかけての3年間が最悪の時期らしいです。

 

 

転職やお引越しや結婚などの大きな変化は凶に出やすいとのこと。

対策としてなるべく謙虚に、大人しくしていることだそうです。

 

 

 

これを認めたくなくて、細木さんのあの占いの本も読んでみました。

 

 

 

 

 

紫月は2016~2018年にかけての3年間が最悪の時期らしいです!

 

 

 

 

(;^ω^)

 

 

 

 

やはり転職やお引越しや結婚などの大きな変化は凶に出やすいとのこと。

対策としてなるべく謙虚に、大人しくしていることだそうです。

 

 

 

 

たかが占いですが、されど占いです。

いくら占いとはいえ、やはり運気が最悪だなんて言われると少なからず気が引けてしまいます。

 

 

高校時代の紫月はそれで完全にビビっていました。

 

思春期だったこともあり、占いやスピリチュアルといった類のものにハマってそれを行動基準にしていたことがあります。

 

結構信じていました。

一喜一憂していました。

 

 

シンクロニシティだ!とか言って。

 

 

大学時代もそれを引きずって、何も努力せずただ『良いこと』『幸せ』を待っていたこともあります。

 

完全なる黒歴史です。

 

 

 

今思えば時間をムダにしたと思います。

あと自分で自分に制限をかけてもったいないことをしたとも思います。

 

 

 占い、スピリチュアルがどうのこうのいう前に、

普通に考えて何もしなかったら基本的に何も起こらないですよね。

良いことも悪いことも。

 

紫月は待つのがキライです。

例え悪いことになる可能性が高いと言われていても紫月は行動したい。

 

 

 

今でさえあの時ああしておけば良かった、と思ってしまうくらいですから。

 

 

 

占いは責任なんて取ってくれません。

占いが正しいという確証もありません。

 

 

それを信じてまた自分の人生をムダにしちゃうんですか?

 

 

紫月はもう自分で自分の可能性をつぶしたくありません。

なので、

 

 

結論:大人しくしない

 

 

 

 

とりあえずCGの学校に通い始めました。

とりあえず人生良い感じにしてみせます。

 

後悔したくないので。

 

 

以上

広告を非表示にする